香港での会社設立は、新たなビジネスチャンスを探求するための一歩となります。しかし、その一歩を踏み出す前に、様々な準備や手続きがある中の一つに電話回線を引くべきかという問題があります。しかし、海外進出となると、初期費用やランニングコストなど、なるべく費用を抑えたいところ。

そして、香港で会社設立時に、必ずしも電話回線を引く必要はありません。現在の香港のビジネス環境では、自分で電話回線を設置する手続きがなく電話応対をお任せできる、電話取次ぎサービスが登場し、電話業務を効率化する方法が登場しています。

そこで本記事では、香港での会社設立時に役立つ電話取次ぎサービス、電話取次ぎサービスで使用できる電話回線の種類について詳しく説明していきます。

香港での電話取次ぎサービスとは、電話応対を専門のスタッフに任せることができる便利なサービスで、香港で会社を設立する場合でも、日本語対応のサービスを選ぶことで言葉の壁を気にせず利用することができます。名刺に香港の電話番号を載せたい、クライアントからの電話を受信したい、銀行などへの機関に登録したい、など様々な用途で活用できます。特に、香港でオフィスを持たず会社運営をする方にも、欠かせないサービスです。

このサービスでは、会社名や担当者の名前を名乗って電話を受け、電話の相手から伝言を受けてメモを取り、記録するなどの業務を代行してくれます。さらに、担当者に電話を転送するサービスもあり、重要な電話がタイムリーに担当者に伝えられ、ビジネスの遅延を防ぐことができます。また、留守番電話のメッセージを録音し、メールで送信するサービスもあり、会社が営業時間外でも顧客からのメッセージを確実に受け取ることができます。電話取次ぎサービスを利用することで、電話応対にかかる人件費を削減することが可能で、人件費が高い香港においては、大きなメリットとなります。また、電話応対から解放されることで、社員は本来の業務に集中でき、業務の効率化が図られ、全体的な生産性の向上に繋がります。

電話取次ぎサービスで利用可能な電話回線には、共有電話回線と専用電話回線の2種類があります。共有電話回線は、複数の会社で一つの固定電話回線を共有する着信専用の電話回線で、専用電話回線よりも月額料金や初期費用を抑えられ、特にコストを抑えたいスタートアップ企業や、電話の受信頻度が低い会社にとって魅力的なサービスです。また、電話機などの設備を導入する必要がないため、初期費用を抑えられます。しかし、1つの回線を複数の会社で共有するため、着信時にどの会社宛ての電話なのかを判断することが難しい場合があり、電話応対に希望があったり、電話の受信頻度が高い会社には不向きです。さらに、発信者番号通知や転送機能など、利用可能な機能が制限されている場合があり、高度な機能が必要な会社にも不便を感じる場合があります。

一方、専用電話回線は、専用の固定電話番号を持つことが出来、1つの回線を1つの会社で利用するため、電話の受信頻度が高い会社や、電話応対にこだわりやマニュアルがある会社に最適です。また、発信者番号通知や転送機能など、必要な機能を自由に選択でき、顧客対応の効率化や、ビジネスニーズに合わせた柔軟な運用が可能です。さらに、顧客との重要な電話応対や、日本語、英語、中国語など希望の言語での応対なども安心して利用できます。1つの企業に1つの電話番号が割り当てられるため、会社のイメージも向上し、名刺やホームページなどに記載することで、信頼感を与えられますが、サービス会社によっては初期費用がかかったり、共有電話回線よりも月額料金やオプション料金が高くなります。

香港での電話取次ぎサービスは、香港でのビジネスを成功させるための強力な味方となります。このサービスを利用する場合は、サービスの内容やオプションの有無、電話回線の種類や特徴を理解した上で、自分にぴったりのものを選ぶことが大切です。電話取次ぎサービスと自分にあった電話回線を組み合わせることで、人件費の削減、業務効率の向上、顧客満足度の向上など、さらなる効果が期待できますので、本記事を参考に、最適な電話回線を選んで、香港でのビジネスを成功させましょう!